最近人気がある振袖や着物の特徴

ここ数年若者の間で着物が流行っています。一時期成人式でよく着られていた振袖の現代的なデザインや着崩したものではなく、今は渋めの大正ロマン風のアンティークなものがウケており、流行に敏感な街の原宿にも10店舗ほどそのような専門店があります。大正モダンや昭和モダンと言われる花柄や幾何学模様、アールデコを意識したデザインなどを近年のレトロブームに注目が集まっています。個性が重視される時代で味のある人とは少し違った着こなしができることから、結婚式や成人式で着る着物でも取り入れられています。現代風のアレンジとしては編み上げのブーツを合わせたり、カラータイツを合わせたりもできます。またアンティーク着物は状態のよい中古の物やレトロモダンを取り入れた手入れのしやすいポリ素材のものも最近はよく見られます。特別な日もそうでない日も自分流のアレンジで挑戦してみてはいかかでしょう。

自分に似合う振袖や着物の見つけ方

着物や振袖は洋服にはない華やかな色や柄を楽しめますが、似合うものを選ぶのは難しくもあります。できればパーソナルカラーを知っておくことで上手に着こなすことができます。パーソナルカラーはネット診断などでも簡単に診断できますので、一度行っておくと洋服選びも変わってきますので、おすすめします。その上で着物の着付けに必要な基本の小物類を確認します。まず一番の面積を占める地色、次に衿もと、帯、帯あげ、帯〆、着物を選べるので、出したい雰囲気や好みをイメージしておくことが大切です。販売員さんに相談し、出来るだけ沢山の着物を肩から掛けさせてもらいましょう。他にも体型を生かした着方が着物にはあります。例えば、ふくよかな人はそれを持ち味にする柔らかい色を着るなど、着物ならではの楽しみ方があります。

着物や振袖のおすすめの買い方を説明します

振袖や着物の購入の際は、まず信頼できるお店探しからです。例えば成人式や結婚式などの場合は前撮り写真や着付けにヘアもお任せできるところがあれば安心です。また予算をしっかりと決めておきましょう。そして着物にも流行りがありますので、店員さんに相談しながら、人気色なども教えてもらうとよいです。目星をつけ、気になるもの、またおすすめされたものをどんどん肩から掛けて、顔映りを見てみましょう。好みのものから意外に自分に似合う柄までとにかく試してみることが大切です。そして既製品で目星をつけたら、試着は絶対にするべきです。パンフレットや写真で見るものと実物は色味も質感も印象が変わります。更に肌の色、髪の色で似あう色合いも変わりますで、着てみないと分からないことが沢山あるのです。できれば帯や小物もすべて合わせて試着してみるのが一番いいでしょう。後悔しないために、しっかり確認してから購入しましょう。