振袖や着物を選ぶならどんなお店がおすすめか

人生の中で着物や振袖を着る機会はたくさんあります。子供のときから七五三、成人式、卒業式、結婚式などイベントごとの時や、普段のお洒落で和装を楽しんだりすることがあります。洋装が多い中で、着物を家にたくさん持っている人はそんなに多くはいません。着物や振袖を購入したり、レンタルしたりするときには、お店によってサービスなどが異なってくるため何件か見てから決定を行うことがよいです。着物や振袖は、1度購入すれば着たいときにいつでも着ることができたり、流行すたりのないものになっていたりと、長年着ることができます。また、自分の子供や孫に着てもらうこともできるため、思い出の品としても重宝されます。お店ごとに得意とする傾向などがあったり、全国展開のお店では扱っている品が多かったりといった特徴があります。

理想の着物や振袖と出会うために

着物や振袖の購入を行うときには、やはり自分に似合ったものが欲しいと思うことが一般的です。そんな自分にあった理想の着物や振袖に出会うために1番大切なのが、色です。この色を選ぶときには、自分の顔が着たときにぱっと輝くような美しくみえる色を選ぶことが重要です。色の種類として、一色のものから多色のものまであって悩むのですが、合わせてみて顔が綺麗にみえることが大切です。色の次に決めることは、柄です。柄を選ぶときは、自分の好みの柄を選ぶことです。お店に行くとたくさんの柄があって迷ってしまうことがあるため、迷いすぎないためにもお店に行く前にネットなどであらかじめ自分の好きな柄の雰囲気を掴んでおくと、柄選びもスムーズにいきます。自分の好みの着物や振袖をイメージしておくことで、理想の着物や振袖に出会うことができるのです。

着物や振袖のレンタルと購入の良し悪しについて

着物や振袖を着たいと思ったときに、購入しようかレンタルにしようか迷うこともあります。レンタルにしたときの長所としては、着物を着た後の保管やお手入れの必要がいらないこと、購入するよりも費用を抑えることができること、そのときに着たい色や柄を選べることなどが挙げられます。短所としては、背が高い人やとても小柄な人は、着物や振袖の好きな色や柄の選択肢が狭くなってしまいます。他にも化繊素材の扱いが多いこともあります。購入するときの長所としては、将来、自分の子供や孫の世代まで受け継ぐことができ、自分の体に合わせて仕立ててもらえるため、選択肢は無限です。短所としては、お手入れや保管の手間がかかることや、オーダーから納品までの期間がかかるという点が挙げられます。それぞれに長所と短所があるので、失敗しないで満足のできる選択を行うために、自分にはどちらがよいのかしっかりと考えることが大切です。