自分に合う振袖や着物の選び方を解説

振袖は身頃と袖の縫い付け箇所を少なくして、振りの部分が作られた袖がある着物の事を言います。現代における若い女性用の黒留袖や色留袖、または訪問着にあたる格式のある礼装になります。成人式もそうですが、結婚式における花嫁衣裳及び参列者の衣裳においても使用されています。振袖は若い女性が着るもの、と言った概念がありますが、本来は着る者が未婚若しくは既婚といった決まり事は無く、単純に若い女性が使用する和服です。ちなみにある程度の年齢になると一般的には使用しなくなります。なお最近では一番、袖丈が短い小振袖はあまり使用せずに大振袖や中振袖が使われるが格式ある柄付では小振袖若しくは中振袖も第一礼装となるが、大振袖と比べて決して格が下がる訳ではありません。近年、成人式で使用されるのは概ね大振袖となっております。

着物や振袖を近々に必要としている方へ

お祝いの場である成人式や結婚式などで使用される着物や振袖ですが、金額的に値が張るものでもあり、また使用頻度としてはあまり多くはないものであります。ただおめでたい席に出席するには欠かせないものでもあり、なるべくタンスの肥やしにならない様に持っている方もお見えになると思います。なお最近は着物を必要な時にだけ借りる事が出来るレンタル制度も普及してきており、またインターネットでも比較的、安く購入する事も可能になってきております。そして皆さんがお住まいの地域にも増えつつあるのがリサイクルショップで、このような店舗でも着物を販売していたりもします。こういった状況から以前と比べて着物を手にする機会は増してきており、購入若しくはレンタルといった選択肢の幅も広がってきている傾向にあります。

着物や振袖の上手な選び方について

成人式で着物や振袖を着用される方は多いと思いますが、ではどのタイミングで振袖を選ぶのがベストなのでしょうか?秋口がベストになります。これは冬場になると成人式が近くなる為にお店が混雑し、なかなか落ち着いて選ぶ事が難しくなり、試着するにも一苦労するからです。これは購入するにしてもレンタルするにしても同じ事が言えます。ちなみに購入若しくはレンタルのどちらかを選ぶのはそれぞれの環境によって違います。他に姉妹がいる方は購入しても使用頻度が今後ともあるでしょうし、一人娘や成人式以降ではそんなに着る機会がなさそうな方はレンタルでも充分かと思います。レンタルにはその都度、違った柄の着物が選べるメリットがありますし、最近は成人式の時期は学生のケースもあり、支払いは社会人になってからの後払いが可能、といった有り難い料金システムなども増えてきております。

運営実績12年、お仕立ても安心しておまかせください。 コーディネートのご相談、お手入れのご相談、経験豊富なスタッフが対応します。 当社は、着物ファンの皆様に愛されるお店作りをモットーに、幅広い品揃えと温かい接客をこころがけています。 我が社では数多くの着物のお仕立ての実績があり、他のお店で購入された着物のお仕立ても受け付けています。 素敵な振袖や着物は京都きもの市場